ドイツ・オーガニック化粧品を買い替えてみた

2017/02/08 更新

今日は【女子の押し売り】投稿です。「質実剛健の国・ドイツで女子力アップという無駄な抵抗を試みる」をテーマにしています。

ドイツのオーガニック化粧品、人気ですよね。私も最近オーガニック化粧品にだだはまり中です。

ドイツでなんの化粧品を使っていいのかわからん!という方は、化粧品選びの時に頭の片隅から引っ張り出して頂ければ本望です。

 

即効性はないことを肝に命じよ!

「ドイツオーガニックコスメ実験」という投稿を書いたら、これを読んでくれた日本の友人が「私も最近オーガニックにはまってて!」というメッセージをくれました。

ドイツオーガニックコスメ実験

やっぱり日本でもオーガニック化粧品は人気なのね~としみじみ思うものの、「オーガニック=体によいもの」となんとなく思っている人も多いのではないかとも思いました。

オーガニックの何がそんなによいのでしょうか?

・植物性由来だから、お肌への負担が少ない&環境に優しい 

・お肌本来の免疫力を高めてくれる  

動物実験していない

おおまかに言えばまずはこの3点が挙げられます。でもでも~

オーガニック化粧品を使う時に最初に覚えておかないといけないことは、「即効性がないこと」。
ちなみに私、ニキビでお肌があれあれな時期が長く、つらい日々を過ごして参りましたが、そういうイケイケなニキビが幅をきかせているうちは、オーガニック化粧品を使っても、劇的な変化も感じませんでした。

オーガニック化粧品はながーーーーーく使うことで、お肌が改善されると自分に言い聞かせながら使っています。

 

Weleda、Dr.Hauschka、Primavera はドイツに来たら買っておきたい

私も最初の頃は、日本からわざわざ化粧品を業者のように買ってドイツに持ち帰っていました。
が、次の帰国までに化粧品は切れるし、ドイツで暮らしてるならドイツの製品使った方が合理的じゃん、という結論に達しまして。
今は、オーガニック化粧品をいろいろ試しています。

外国で化粧品選びは本当に大変なので、今まで使ったものの情報をシェアしてみようかと思います。個人の体験に基づくので、すべての人に合うわけではないのですが、少しでも参考になればよいなと思います。

みんな大好き!Weleda

ドイツのWeledaの品ぞろえには胸がときめく!今回買ったものは、トップ画像の右から

Gesichts wasser/クレンジングローション

拭き取り化粧水。ドイツでなかなかこれといった化粧水が見つかっていないので、まだまだ化粧水ジプシー生活は続く・・・。

化粧水の前にこれで拭き取ることによって角質ケアに。その後化粧水を塗ると、浸透力が高まるのだそう。

 

Skin food/ スキンフード

「極度乾燥しなさい」ばりにスーパードライな時は、このスキンフードがお肌の保湿を助けてくれます。ハンドクリームやかかとにも使えるけど、乾燥がひどい時は顔に塗ってもよし。ドイツの顔用クリームはさらっとしたものが多くて、べたつくクリームを探している人にはおすすめ。

 

 

Wild Rose Glöttende Tagesplege/ デイクリーム 

朝の保湿にはこちら。ローズヒップとピーチオイルが乾燥を防いでくれます。化粧をする前のお肌にはさらっとしてて、使いやすいかと。

 

ちょっと高いけど、Dr.Hauschka

Augenbalsam/ アイクリーム 

ドクターハウシュカさんからはこちらがエントリー。アイクリームではなく、アイバーム。ヴァセリンみたいなテクスチャーで、乾燥しがちの目の周りに油分をばっちり与えてくれます。

指ですくって使うタイプなので、爪が長い人には使いづらいかも。

あまり馴染みないかも?Primavera

Organic Jojoba Oil/ホホバオイル 

日本ではあまり馴染みがないけど、ドイツのオーガニックショップでは絶対に置いてあるプリマヴェーラ。ここのオイルが優れもの。

私はニキビ痕を消したいのでホホバオイル派ですが、いろいろと種類があるので見てみてください。ボディ用、顔用があるのでお間違えなく。化粧水をつける前にブースターとして使うと保湿力がアップしますわよ。

 

 

って、ここまで書いたら、さも美容賢者のように聞こえますね!そんなんじゃないよ、楽しいだけ・・・・って小ネタ、誰かわかってくれるだろうか(Hey Yo!)

 

私なんかが、こんな投稿しちゃって非情に恐縮してしまいますが、貴方様のお美しいお肌をさらなる高みへと導けるお手伝いになればと・・・

 


 comment

Message