やる気は必要なのか問題 

2月後半から3月前半まで、超絶やる気で、頭の中がクリアになり、「私、いろんなことができる!」と思っていたのですが、ある日を境にやる気が低下、完全消失致しまして、グダグダな4月を過ごしてしまった私です。

「やる気があれば、仕事がはかどる」、「やる気があれば、何でもできる」と思っていただけに、一度やる気がなくなってしまうと、「やる気がないので何もできない」という状態に陥ってしまいました。

「仕事を円滑に進める上でやる気は絶対に欠かせないもの」と信じ込んでいましたが、ふと「果たしてこんなに変動するやる気ってむしろない方が仕事を円滑に進められるんじゃないか」という極地に達しました。

ハイテンションなやる気なんてそもそも毎日持続できない、やる気のない日や普通の日の方が圧倒的に多い。だからこそそんな日にどうやって仕事を完璧に仕上げるかについて対策を練った方がよっぽど生産的。

考えるべきは、どうやってやる気を出すか、ではないということ。

そうやってコツコツコツコツ仕事をしていった中に、突然やる気の神様が降りて来る、そしてさらにいい仕事ができることなんじゃないでしょうか。

やる気を主軸に考えるのではなく、やる気は突発的なプレゼント的な感じで考えていれば、「やる気がない」ってことを言い訳にせずに、仕事ができるのではないかと思いました。

 

 

 


Message