大好きなベルリンに住みたい!就職と就労ビザのことざっくりまとめ 

ベルリンには、様々な国の人、業種の人が様々な理由でやってきます。

「ベルリンのビザが簡単だから」ベルリンに来た人もいるでしょうし、

ひょんなことでベルリンにやってきて、ベルリンに魅了され、ベルリンにそのまま住み続けたい!という方もいるでしょう。

私もベルリンに魅了された者の一人。

最初は観光ビザでここにやってきて、ワーホリビザ、フリーランスビザ、会社から出してもらう就労ビザなど様々なビザを保有しました。

今はベルリンのリサーチ企業で会社員をやっています。

どんな事情であれ、1日でも長くベルリンにいたい!という人たちのためにビザやドイツやベルリンの就職事情などについて書いておきますね。

特に「自分には何か特別なスキルがない」と思っている方々に読んでほしいです。

ベルリンにはどんな仕事があるのか?

そもそもベルリンに、自分ができる仕事があるのか?ということは、心配ですよね。

趣味でたまに求人案内を除くんですが、ざざっと見た感じのベルリンでの求人案内は以下みたいな感じかなぁ。

  • エンジニア
  • 翻訳系
  • プルーフリーディング
  • コンテンツマネジメント (Web マーケティング)
  • コールセンター
  • リサーチ系
  • レストラン系

自分が持っているスキルによってかなり違ってきますが、IT関係のエンジニアはやはり強いですね。

「ベルリン 就職」で検索してみると、ベルリンで就職した方のほとんどはエンジニア系の人の人なんじゃないか?と思ってしまいます。

面白いのは、「ITスキルはやっぱり世界で強い!」と悟った人が、エンジニアの勉強をして、スキルをつけて、転職に成功した方がいるということ。

いや~ガッツです、素晴らしい!

自分には特別なスキルがない人は?

「自分には特別なスキルや専門がない」という人は、英語がある程度話せれば、専門分野があるよりは逆につぶしがきくのではないかと思います。

翻訳系でもリサーチ系でも幅広く応募できる気がします。

ちなみに、わたしがベルリンにやってきた5年くらい前はwebマーケティング系のお仕事はあまりなかった気がしますが、

最近ベルリンではwebマーケティング系のお仕事はぐっと増えた気がしますね。

ブログなどで集客がすでにできてる人は、webマーケティング系のお仕事に転換、というのは結構ありな選択肢だと個人的には思ってます。

どうやってベルリンで仕事を探せばいいの?

で、具体的にはどうやって仕事を探していけばいいのか、というお話。

別記事になってしまうのですが、こちらを参考してみてください。

http://joshiuri.com/2018/10/14/find_job_germany/

自分で履歴書を送る場合

上記の記事にも書いていますが、

ベルリンで就職するにあたり、つかったのはこちらのサイト Indeed  と、日本人の書き込みが多い MixB

ベルリンだけではなく、ドイツの他の都市での仕事も探せます。

ヘッドハンティング待ちもあり!

記事にも書いてますが、自分から履歴書を送って応募するのもありだけど、ベルリンってリクルーターがめっちゃ活動してます。

わたしも実は若干リクルーター的なことはしているのですが、うちの会社のHRの人たちもヘッドハンティング専門の人もいるし、

そもそもベルリンにはヘッドハンティングの会社も多い。そういう人たちを狙ってアピールできれば、ヘッドハンティングされる可能性だってあります。

もちろんこれは、エンジニアとかの人が多いけれど、今求人広告している会社の中には、「英語が話せる日本人なら誰でもいい!」という半ばデスパレートな会社も実際にあるわけで、

そういう層きちんとプロフィールを仕上げておくに越したことはないと思いますね。

え?Linkedinを知らない? じゃあこちらを読んでね!

 

http://joshiuri.com/2018/10/15/germany_headhunting/

ドイツ就職に必要なスキルは?ドイツ語は?

ベルリンはフリーランスのお仕事ばかりじゃない!ということは、わかりましたね。

でも「自分には特別なスキルもないし・・・」とまだまだ思っている人も多いでしょう。わかります!わたしが実際にそうだから!

まずは言語の不安から解消しましょう。

ベルリンでの就職にドイツ語は必要か?  

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

http://joshiuri.com/2018/10/17/working_in_germany_english/

 

上記の記事でも書いてるんですが、グローバル企業であれば必要なのはドイツ語よりも英語。

もちろんドイツ語ができるに越したことはないです。わたしも「ドイツ語ができれば応募できる求人案内があるのに・・・」と思ったことは何回もあります。

でも最初から高みを目指すと疲れるので、まずは自分のできる範囲で公用語が英語を使っている会社に就職してもいいじゃないでしょうか。

そんな中で自分のやりたいことが出てきた時にドイツ語に取り掛かっても遅くはないいですから。

逆にやりたいことや働きたい分野、会社が決まっている人はドイツ語が必要になる場合の方が多いでしょう。

どちらにしろ、ドイツに長くいたいと思ったら、ドイツ語は勉強するに越したことはないです。

これは自戒を込めていいますが、いつまでも「外国人」としてのドイツしか見えてこないし、そういう企業でしか働けないですから。

海外就職に必要なスキルとは

スキルはあるにこしたことはありません。それでもスキルがなくても、働ける会社はあります。

http://joshiuri.com/2018/10/18/working_berlin_skill/

 

スキルがないから、海外就職はやめよう…と思う必要はまったくないので、どんどん海外で就職したらいいと思います。

でも、英語は必須ですね。当然のことすぎてちょっと書くのためらうw

でもずっと専門やスキルがなくていいか、と言えば話は別。

海外で暮らしていると、今後どうやって生きていこうかという問題は日本にいる時よりも深刻。

http://joshiuri.com/2018/11/06/working_germany_skill/

 

専門やスキルのなさは金銭面でダイレクトに響くので、日々しっかりと向き合い、スキルを高めていくようにしましょうね。

ドイツの就労ビザは取りやすい?

次はビザ関係について。仕事があったとしても、そもそもビザが取れないなら意味がありません。

でも幸運なことに、ドイツはとにかく就労ビザが緩い。もちろん他のヨーロッパの国と比べたら、というだけですので、

みんながほいほいと取得できるわけではありません。

ビザに関しては、こちらに書いているのでどうぞご参照ください。

http://joshiuri.com/2018/11/07/working_in_germany_visa_support/

ドイツ就労ビザ切り替えについて

ドイツワーホリビザ→ドイツ就労ビザの切り替えはたいして難しいこともなく、たいていの人がスムーズにいくと思います。

私は2014年2月にドイツの就労ビザに切り替え、2017年に5月に職の制限なしの就労ビザになりました。

つまり今働いている会社を辞めても、ドイツ国内にいる限りはビザの更新をすることなく、別の会社で働いてもいいし、なんならフリーランスに転身してもいい

とてもラッキーな就労ビザになってんです。ありがとう、ベルリン…!ありがとう、ドイツ…!

このドイツの就労ビザが取れるまでにかかった時間は3年。ベルリン生活4年が過ぎた頃でした。条件については、ベルリンのことだから、条件が決まっているわけではなく、審査官の匙加減なんでしょうかね…。

こういった情報を探している人のために、ビザ系のことはいつかまた詳しく書きますね。

http://joshiuri.com/2018/10/26/germany_working_visa/

ドイツで就職する人に言いたいこと。海外就職=0からのスタート

なんとなく、ドイツでの就職の概要はつかめたらでしょうか?

わかりにくい点などわかりましたら、わたしの知っている情報でよければお伝えします。

さて、最後になりますが、

ただのOLだった、とか特別なスキルがあるわけでもなく、それでも海外就職、ドイツやヨーロッパで就職したい人へのもう一つのアドバイス。

それは、海外で就職する場合、日本で培った経験は一旦0になると思った方がいいということ。

日本で良い大学を出ていることも、ドイツの企業では何の役にも立たない。私だって最初にやった仕事はカスタマーサービスでした。

カスタマーサービスが悪いわけではないけれど、やったことがなかったし、むしろ苦手な領域でした。

そういうわけで楽しいはずのベルリン生活で、ほとんど腐りながらやっていたけれど、今になって考えてみれば、この経験は次のステップに繋がる踏み台になってくれたと思います。

ドイツに来て見つけた仕事について、もしかしたら「私はこんなことがしたくてドイツやベルリンに来たわけではない!」と思うこともあるかもしれませんね。よーくわかります。

でも、その経験のおかげで、ベルリンやドイツの他の都市で次の仕事が見つかりやすくなるかもしれないし、その仕事は今よりももっといい仕事かもしれない。

私の大好きな格言で“A door shuts, another door opens(ドアが閉まると、もう一つのドアが開く)” という言葉があります。

ベルリン、海外での生活は目の前のドアが閉まった!という絶望感にさいなまれるときもたくさんあるけれど、いつの間にか違うドアが開いてる、ってこともたくさんあります。

じゃないと、ベルリンでは生きていけないですから(苦笑)。

何が言いたいかって、海外で働くって大変ってこと。それは日本でもベルリンでもドイツの他の都市でも同じことだとは思うのですが。

良い現実を引き寄せる!

まぁいろいろ辛いことや大変なことも多々あると思うのですが、そんな時はとにかくこれ以上悪いことが起こってほしくないから、不幸の連鎖を断ち切るために、「引き寄せの法則」関係の本を読むことにしています。

引き寄せの法則って、ノートに願い事や欲しいものを書けば、その願いごとを引き寄せられるという法則ではなくて、自分の潜在意識が感じていること、願っていることを目の前に引き寄せていくという法則(と理解している)。

なので、悪いことばかりを考えていたり、不安に心を侵略されていると、それが現実化されていくと言われているんです。

いやだー、そんなの!と思う人はぜひ読んで自分が望む現実を引き寄せていきましょう。


「引き寄せの法則」の火付け役的存在の“ザ・シークレット”。翻訳なので、普段本を読まない人には少し読みにくいと感じるかも

かなりわかりやすく書いてあるので、普段本を読まない人にもおすすめ。筆者の奥平さん自身が、「引き寄せの法則」を体現する人。引き寄せの法則を知ってから、マインドを変えることで、一会社員から本を出版するまでに

どうぞ皆さんのドイツでの就職、ベルリンでの生活が幸多きものでありますように!

投稿日 2018年7月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA