【ドイツで転職】スカウトされちゃうかも。Linkedinを活用しよう! 

こないだの続きになるのですが、今回はちょっと受け身の就職活動について書きたいと思います。

今回は自分で履歴書を送らない就職活動、スカウトおよびヘッドハンティングについてです。日本もスカウトのサイトっていろいろありますよね。日本で言えば、リクルート、マイナビ転職、Dodaのスカウトサービス、ビズリーチさんが大手と言ったところでしょうか。

それとはサイトの系統と特色が異なるのですが、転職のスカウトやオファー、それからヘッドハンティングなどよく使われているのがLinkedinです。

Linkedinとは

【公式サイト】https://www.linkedin.com/

Linkedin公式サイトより引用

LinkedIn(リンクトイン)は、世界最大級のビジネス特化型SNS、および同サービスを提供するシリコンバレーの企業。2003年5月のサービス開始後、アメリカ合衆国を始め、世界各国で普及し、2018年4月現在、登録メンバーは5億4千万人を超す。日本では200万人以上が登録している。(Wikipediaより)

簡単に言えば、Facebookのビジネスバージョンと言ったところでしょうか。200万人と聞くと多いと思うかもしれませんが、世界のユーザーに比べると日本はまだまだユーザーが少ないという印象も受けます。

使い方は簡単で、Linkedinに登録し、自分のプロフィールを作成し、公開するだけです。

前述したようなリクルートなどの転職サイトと何が違うのかと言えば、プロフィールに鍵をかけない限り、基本的にはネットユーザーは誰でもLinkedinプロフィールを観覧できることです。転職のスカウトやヘッドハンティングをはじめ、ビジネスパートナー探し、それからスポットコンサルの依頼、ただ繋がりたい人、それから表向きビジネスのナンパまで、メッセージボックスに来るメッセージは多岐に渡ることでしょう…笑

その辺が嫌であれば、ただただスカウトに特化した転職サイトを使っていいと思います。でもこちらにすでに住んでいる場合、日本の大手の転職スカウトサイトはあまり役に立たないかもしれません。ヨーロッパにも転職スカウトに特化したサイトがいくつかあるので、また別途紹介しますね!

スカウトやヘッドハンティングオファーが来ることも

Linkedidinのプロフィールをさっそく作りました!さぁヘッドハンティングやスカウトが届いているかな…?とドキドキでメールを開いたあなた。

すみません、そんなに簡単にはスカウトは来ないかもしれません。IT関係とかエンジニアじゃない限り。もしくはシニアやマネージメント関係ではない限り。

でもね、仕事ってどこから湧いてくるか本当にわからないものなんですよ。自分から応募するのももちろんいいけど、あちらから転職のオファーが来るならそちらの方が労力いらないじゃないですか? いただいたオファーが気に入らなければ蹴っていいわけですし。

Linkedinってアカウントを持ってるだけじゃ、意味ないです。公開するのが嫌な場合は無理にとは言いませんが、会社名、役職、どんなことをやっているのか、ということに関してはざっくりとでもいいので書いておきましょう。

Linkedinを使うリクルーターはキーワードで探しているので、自分が強調したいキーワードは必ずプロフィールに入れておいた方がよいでしょう。

ベルリンの求人案内も探せる

ちなみにスカウト、ヘッドハンティングばかりを取り上げましたが、前回紹介したIndeedなんかと同じように職探しもできます。下のスクリーンショットの「求人」というところをクリックし、場所やキーワードを入れれば求人案内も出てきます。

スポットコンサルの案内も届くよ!

転職のスカウトとは異なるのですが、Linkedinを通じてスポットコンサルの依頼なんかも届きます。例えば、私が医療機器の会社勤務で、喘息の吸引器の販売を専門としているとすると、「喘息の吸引器のマーケットトレンドを教えてください~」なんてスポットコンサルの依頼がLinkedinを通じて来たりします。

自分の専門が確立していて、コンサルにも興味がある人は、経験を積むという意味で、そして臨時のお小遣い稼ぎとしてもLinkedinに登録してみるのもいいかもしれません。

さて、最後に付け加えですが、ドイツではXingも同じくらい使えます。ドイツ企業を狙う場合はこちらも見ておくといいでしょう。

公式サイトより引用

ではよい転職活動を~Good Luck!