コペンハーゲンのデザイン博物館に行くべき!

だいぶ前のことになるのですが、デンマークはコペンハーゲンに行ってました!今回の旅の目的はとにかくインテリア系のお店を回ること。

回ったお店も書きたいのですが、コペンハーゲンに行ったらぜひぜひ行っていただきたいデザイン博物館を紹介します。

デザインミュージアムデンマークとは

もともとは国立病院を改装してできたというデザインミュージアムは、その名の通りデザインに特化した博物館。

貴族的、ロイヤルファミリー的な優雅なデザインから、近代のポップなデザインまで、様々なデザインを収めた美術館です。

重工な外観とは裏腹に、まずチケットがかわいい!

円盤からちょこっと出てるところを襟にクリップするタイプのチケットです。新しい・・・!

中に入ると、陶器やら蛇口やら、とにかくデンマークが誇るデザインたちが大集合。

世界中から集められたおもしろい椅子たちがずらりと鎮座しているスペースもあり、デンマーク人の椅子に対する関心度の高さを伺えました。

で、事前情報もなくこの博物館に行くと驚くことがありまして、

なんとLearning From Japanというセクションがあるんです・・・!しかも結構な広さ。

日本の法被(はっぴ)が飾ってあったり、きゅうすが置いてあったり、、、

一番感動したのは、下の写真。

これなんだかわかります?

日本刀の持ち手と刃の間にある柄(つか)なんです。

この柄のデザインっていうのがどうやら一個一個違っていて、デンマークのデザインにどうやら影響を与えたらしいんです。

わたし、この時まで柄のデザインが一つ一つ違うなんて知らなかったし、そのデザインがデンマークまで来て、こんな大切に取り扱われているなんて本当にまったく知りませんでした。

感動・・・!

この柄の美しさにも感動したし、こんなところに着目するデンマーク人にも、それを大切に保管してくれてることにも感動・・・

ありがとうデンマーク・・・! となぜかデンマークに感謝したくなるような展示でございました。

博物館の中に入っているカフェもとても洗練されていて、新しいのにいやらしさがない、上品なデザインでした。

とにかくデザインが好きな人もそんなに興味がない人もぜひ足を運んでみてほしい博物館でした!

 

住所等は下記をご参照くださいませ~