【読書記録2019】歴史・自己啓発・スピリチュアルその他 

2019年に読んだ本をまとめてます~

ハプスブルク家

かなり突然なんですが、ハプスブルグ家 w

というのも、11月にハンガリーに旅行に行く機会がありまして(ハンガリー旅行についての備忘録)、ハンガリーの歴史本を探したんですがKindleで読めるものがなかなかなくて、ちょっとはハンガリーの歴史もかするだろうってことでハプスブルグ帝国についての本を買うにいたりました(ハンガリーはハプルブルグ帝国の一部でした)。

700年の長きに渡り、ヨーロッパに君臨したハプスブルグ家がどのように歴史上に出現し、どのようにして絶大な力を得たのか、そしてなぜ消えていったのか。ハプスブルグ家の歴史を学ぶことは、ヨーロッパの歴史を紐解くことでもあります。特に複雑な第一次世界大戦の引き金になる事件にも深く関わっているので、近代史に興味がある方はぜひ。

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話

日本ってエロに寛容だよなぁwとなんとなく思ったので、購入してみました。日本のエロ史ってなかなか面白いので、もう少し深く研究してまた改めてブログに書いてみたいです。

この本は天照大神や日本の神話に書かれたエロ話、遊郭エロ話などなど、日本史にまつわるエロ話がまとめてあります。読んでてもエロい気分になるわけではないので、大丈夫ですw

笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語

歴史が好きな人には取り立てて目新しいことは書いてないのですが、超わかりやすい言葉で書かれているので、超絶理解しやすいです(例:「ラディッツやっと倒したのに、次くるサイヤ人もっと強いパターンのやつ」←むしろわからない人にはわからない?笑)

語り口調もさすがにお笑いの人だけあって笑えるので、さらっと数時間で読めてしまいます。が、会津戦争の場面だけは涙なしには読めない・・・そんな笑いあり、涙ありの一冊です。

幕末史に特化しているわけではないけれど、よしながふみさんの『大奥』も男女逆転の点を除けば史実に基づいているので、幕末情勢がとてもわかりやすいと思います。

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代

戦国武将ってとても人気ありますよね!これ読んで気がついたんですが、わたしは戦国時代にあまり興味がなく、武将の名前も全然覚えられない!

でもそんな人にもわかりやすく、戦国時代とはなんぞや、ということを教えてくれる本です。

その他自己啓発やスピリチュアル系も何冊か読みました。

世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれた3週間で人生を変える法

ここに気づけば、もうお金には困らない

自分を変える「身口意」の法則

蠍座

占星術完全ガイド ――古典的技法から現代的解釈まで

いちばんやさしい西洋占星術入門

数年前までは自己啓発系やスピリチュアル系にはまっておりまして、結構いろいろ読んでたのですが、2019年からは自己啓発・スピリチュアル系はもういいかなーという感じでした。読んでも全然頭に入ってこないし、覚えていないので、もう自分には必要ないんだなーと理解してます。

覚えている範囲だけを記録しましたが、Kindleに残っているデータを見たらやはり100冊くらいは読んでましたw

以上、2019年に読んだ本の総括でした!

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  2. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ
  3. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  4. 20代から30代になって変わった10のこと
  5. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 

関連記事

  1. 本は耳で聴こう!Audible日本語は海外でも使えます

    Amazon のAudibleのサービスが日本で開始されてだいぶ経ちま…

  2. Kindle Unlimited (読み放題)で読める小説たち

    最近寒いので家に引きこもることが多く、読書の時間が増えました。良いこと…

  3. 今さらながら堀江貴文氏の「多動力」を読んでみた 

    友達の家にあったので、あまり自分じゃセレクトしなさそうな本を借りてきま…

  4. 海外からでも漫画が読める!オススメ漫画サイト3選

    日本から離れて海外で暮らしていて、海外生活には満足しているけれど、…

  5. 【海外生活】人にイライラした時に読む本 

    ドイツでも日本でも、どこで働いていてもイライラはつきもの。イラ…

  6. 【読書】寝る前にはおすすめしない「怒り/吉田修一」 

    私は寝る前に読書をすることが多いですが、間違った本のセレクトをすると寝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP