フランス語

フランス語学習の覚書 一か月目 

皆さん、コロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか?

フランスは最低でも5月11日までのロックダウンが決まり、あと3週間ほど隔離生活が続きます。自分が感染しない、他人を感染させない、一人でも多くの命を救うため、苦しむ感染者を救うため、最前線で必死に戦っている医療従事者を助けるため、今は誰とも会わず、ひたすら家の中で過ごしてます。正直、今はもう何もせずに家にいるだけでもものすごいエネルギーを使う気がしています・・・

でもとにかくこのロックダウン期間を少しでも有効に使うため、わたしはフランス語学習に力を入れています。自分の備忘録のためにも、学習方法等をメモしておきます。

フランス語学習方法

まず最初にわたしのフランス語のレベルを説明しておくと、

・ Bonjour と merci, revoir は 言 え る。 で も ス ペ ル は わ か ら な い

つ ま り フランス語の知識は何もありません。超ビギナー、かつ36歳からのフランス語学習スタートとなりました。

独学?それとも語学学校?

わたしはフランスに来たら、6か月~1年ほど語学学校(インテグレーションコース)に通い、みっちりフランス語をやるつもりでしたが、ロックダウンのせいで語学学校は現在クローズ、いつ開くかもわからないので、一ヶ月独学した後、オンラインでのレッスンを取ることにしました。

独学で語学を勉強するか、学校などに通うかなど迷うかもしれませんが、ポイントは

1.自分一人でタスクをこなせるか

2.正しい言語を正しい方法で学べているか

3. 費用

となるのではないでしょうか。

一人でタスクを決め、毎日コツコツやれる人は資金を投じて学校に通う必要はないとも思いますが、一人だと怠けてしまう、続かない人は学校(もしくはオンラインコース)に行く方がモチベーションは持続しやすいでしょう。

2番目については、語学の目標をどこに設定するのかにもより、もし日常会話ができる程度でよいと考えるのであれば独学もありだと思いますが、これから進学を考えている、仕事で使いたいという方はやはりプロに正しいプロセスで教えてもらった方がよいと思います。

わたしは英語は中学・高校の授業以外では学校やレッスンに通ったことがなく、それでなんとなく今まで来ましたが、細かい文法のことなど今でもわからないことが多く、どこかで腹を決めて学校に通うべきだったなーと思ってます(将来もう一度ちゃんとやりたいという願望はある)。

オンラインレッスンは?

わたしはロックダウン中ということもあり、今はオンラインでのレッスンを受けています。

ちなみにわたしが今やっているオンラインレッスンはここです→ https://iboux.fr/

30分の無料レッスンがあるので、どんな感じか雰囲気はつかめると思います。30分コースもしくは60分のコースを、10 lessons、30 lessonsなどのようにチケットを購入し、それを使ってレッスンを受けていく形です。わたしはひとます1時間 x 30 lessons を購入(1時間約14EUR 、トータル417EUR)、週に3回を目標にしています。

【メリット】

・先生と自分のみなので、自分の癖などを理解してもらいやすい

・先生や時間が選べる

・学校に通う必要がないので、超時短

【デメリット】

・大人数レッスンよりも割高

・予約制なので、希望の日時がすでに他の人から予約済でレッスンが受けられないこともある

わたしはロックダウンが終わり、語学学校が再開したら、友達を作るためにも数か月は語学学校に通いたいなーとは思っていますが、ある程度話せるようになったら、またオンラインに切り替えて、週1くらいのペースでもいいので1年ほど続けたら細かい癖などを修正するのにいいかも、とは思ってます。

フランス語学習方法 一か月目

今後はオンラインレッスンでプロに教えてもらいながら、課題などをこなしていく予定ですが、この一ヶ月の学習方法はだいたいこんな感じしです↓↓↓

・教科書に沿って、基礎文法を覚える

・隙間時間は言語学習アプリDuolingoをやる

無料/有料を選べます。わたしは半年50EURプランを選択。無料のものもよいサービスだとは思いますが、有料にすることで元を取ろうと言う気持ちになります。

・新しい単語はとにかく手書 き で 書 き ま く る

これはかなりオーソドックスな方法ですが、やはり手書きはかなり効果的。

・ 新 し い 単 語 は 例文 も セ ッ ト で 書 く

例文をま る 覚 え す る 必要 は な い ですが、 文法 の 雰 囲 気 を つ か むことにつながる

・辞書で調べながら,フランス語(学習中の言語で)日記を書く

わたしはネイティブ(パートナー)にチェックしてもらってます。これが自分的には一番覚える気がします。

・チェックしてもらった文章を声に出して読む

昔語学学校の先生が言ってたのは、自分が音読したものを録音し 、それを 聞 き 返 し、自分の発音を自分で聞くと発音矯正になるとのことです。

・ 書 く 時 は 必 ず 声 に 出 し て 発 音 す る

これは意外に大事。特にフランス語は発音が難しいので、頭でわかっていても、実際に発音してみると全然違う発音になることがあるため、実際に声に出すのはとても大事です。

一ヶ月後のフランス語レベル

というわけで、上記のことを毎日1、2時間ほど続けた結果、

・自己紹介はできる
・超簡単な会話ができる
・ニュースや人の会話からわかる単語が出てきた
・簡単な日記は書ける

というところまで来ました。

いまはロックダウン中で仕方のないこととはいえ、あまり話す機会がないのがネックだな~とは感じています。

オンラインレッスンを始めたのは最近なので、二か月後以降の伸びに期待。

次のステップ

上記のことは続けながら、もう少し語彙力と理解力がアップしたら、

・簡単な本を読む(できれば文章も書いて見ると良い)

・字幕付きで映画を見る(フランス映画/フランス語字幕付き,日本映画/フランス語字幕付き)

・audibleやpodcastを聞く(今は聞いても全然わからない)

・子ども用ニュースを読む

・オンラインタンデムで話し相手を探す

以上語学の覚書でした!

一ヶ月単位でアップデートできたらなぁとおもってます。

では皆さん、ロックダウンも語学学習もがんばりましょう~!

ピックアップ記事

  1. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ
  2. 20代から30代になって変わった10のこと
  3. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 
  4. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  5. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」

関連記事

  1. フランス語

    フランス語学習の覚書 二か月目 

    はやいもので5月ももう半ば・・・ベルリンからフランスに引っ越してきて早…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP