【フランス生活】2020年ゴンクール賞発表

Last Updated on 2020年12月2日 by Jo

数日前にフランスで最も権威のある文学賞とされるゴンクール賞が発表されました

今年は・・・

Academie Goncourtのホームページよりスクリーンショット

エルヴェ・ル・テリエ (Hervé Le Tellier)という作家の『L’Anomalie 』という作品だそうです。

フランス語のAnomalie (英語:Anomaly)とは、「例外、変則、不合理」 という意味で、小説はSFスリラー・サスペンスのようです。Le mondeのこちらの記事を頑張って読んでみましたが、わたしのフランス語ではまだまだ理解ができず、小説の内容までは把握できませんでした・・・💦

(参照https://www.lemonde.fr/culture/article/2020/11/30/herve-le-tellier-prix-goncourt-2020-avec-l-anomalie_6061656_3246.html)

今年はゴンクール賞選考史上初めてのオンライン開催だったそう(通常はパリのDrouantというレストランで行われているそうです)。11月に発表が行われる予定でしたが、コロナ禍のロックダウンで書店が閉まっていたことから、ロックダウン緩和後書店が開いた11月30日の開催となったそうです。

ゴンクール賞を取った作品はまだ翻訳されていないようですが、別の作品が日本語訳されています。しかしとても高級・・・!

ゴンクール賞は昔から知っていたのですが(敬愛する作家のマグリット・デュラスが1984年に受賞していたから)、毎年の発表を楽しみにしていたわけではありませんでした。でも先日ニュースを見ていたらゴンクール賞の発表をやっていて、リアルタイムで受賞者を知れたことがとても嬉しく、ついついブログまで書いてしまいました。

今はまだ小説をフランス語で読むレベルにはないですが、いつか読めるようになったらなぁ・・・と妄想しています。なんて遠い道のり💦

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. フランスから日本の回線へアクセス!VPNプロバイダーを比べてみました! 
  2. 海外からでも漫画が読める!オススメ漫画サイト4選
  3. 引きこもりの冬に!海外からも読めるKindle Unlimited オススメ
  4. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ

関連記事

  1. 海外からも漫画が買える!読める!新ebook Japan

    わたしのむかーし書いたブログでも紹介している ebook Japan …

  2. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」

    本日は本の紹介です。筆者は今年で35歳になりましたが、この年になると結…

  3. 本は耳で聴こう!Audible日本語は海外でも使えます

    Amazon のAudibleのサービスが日本で開始されてだいぶ経ちま…

  4. 今さらながら堀江貴文氏の「多動力」を読んでみた 

    友達の家にあったので、あまり自分じゃセレクトしなさそうな本を借りてきま…

  5. 耳で聞く本!Audible 記録2019

    2020年の1月も半分以上が過ぎましたが、ふと思い立ち、去年聴いた本を…

  6. 【海外生活】人にイライラした時に読む本 

    ドイツでも日本でも、どこで働いていてもイライラはつきもの。イラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP