【フランス生活】2020年ゴンクール賞発表

Last Updated on 2020年12月2日 by Jo

数日前にフランスで最も権威のある文学賞とされるゴンクール賞が発表されました

今年は・・・

Academie Goncourtのホームページよりスクリーンショット

エルヴェ・ル・テリエ (Hervé Le Tellier)という作家の『L’Anomalie 』という作品だそうです。

フランス語のAnomalie (英語:Anomaly)とは、「例外、変則、不合理」 という意味で、小説はSFスリラー・サスペンスのようです。Le mondeのこちらの記事を頑張って読んでみましたが、わたしのフランス語ではまだまだ理解ができず、小説の内容までは把握できませんでした・・・💦

(参照https://www.lemonde.fr/culture/article/2020/11/30/herve-le-tellier-prix-goncourt-2020-avec-l-anomalie_6061656_3246.html)

今年はゴンクール賞選考史上初めてのオンライン開催だったそう(通常はパリのDrouantというレストランで行われているそうです)。11月に発表が行われる予定でしたが、コロナ禍のロックダウンで書店が閉まっていたことから、ロックダウン緩和後書店が開いた11月30日の開催となったそうです。

ゴンクール賞を取った作品はまだ翻訳されていないようですが、別の作品が日本語訳されています。しかしとても高級・・・!

ゴンクール賞は昔から知っていたのですが(敬愛する作家のマグリット・デュラスが1984年に受賞していたから)、毎年の発表を楽しみにしていたわけではありませんでした。でも先日ニュースを見ていたらゴンクール賞の発表をやっていて、リアルタイムで受賞者を知れたことがとても嬉しく、ついついブログまで書いてしまいました。

今はまだ小説をフランス語で読むレベルにはないですが、いつか読めるようになったらなぁ・・・と妄想しています。なんて遠い道のり💦

  • コメント: 0

ピックアップ記事

  1. 海外からでも漫画が読める!オススメ漫画サイト4選
  2. フランスから日本の回線へアクセス!VPNプロバイダーを比べてみました! 
  3. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ
  4. 引きこもりの冬に!海外からも読めるKindle Unlimited オススメ

関連記事

  1. 【海外生活】人にイライラした時に読む本 

    ドイツでも日本でも、どこで働いていてもイライラはつきもの。イラ…

  2. 【本の紹介】にぎやかだけど、たったひとりで 人生が変わる、大富豪の33の教え

    今回は最近わたしが読んだ、丸尾孝俊さんと吉本ばなな…

  3. 今さらながら堀江貴文氏の「多動力」を読んでみた 

    友達の家にあったので、あまり自分じゃセレクトしなさそうな本を借りてきま…

  4. 本は耳で聴こう!Audible日本語は海外でも使えます

    Amazon のAudibleのサービスが日本で開始されてだいぶ経ちま…

  5. 海外からも漫画が買える!読める!新ebook Japan

    わたしのむかーし書いたブログでも紹介している ebook Japan …

  6. 【読書日記】悪者見参を読んで

    前回書いた記事 ベルリンで見る2回目のワールドカップで、「オシムの言葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP