Beauty

どうにか乾燥を防ぎたい!Neal’s YardのNourishing Creamがオススメ!

まだまだ乾燥の季節が続きますね。乾燥は本当に大敵。肌が突っ張るのもストレスだけど、乾燥がシワを誘発する原因になってしまうから!

そんなことはわかってるけど、なかなかいいクリームに出会えない!という方も多いですよね。

筆者も海外在住になってからなかなかいい保湿クリームに出会えず、実は2年前くらいまではニベアの青缶を使っていた時期すらありました・・・。

本日は保湿力に脱帽のNeal’s YardのNourishing Creamをご紹介します。

 

Sponsored Link

ニールズヤードって?

イギリスのオーガニックブランド。

エッセンシャルオイルやハーブティ、オーガニックスキンケアなどを取りそろえた自然薬局店として出発し、現在に至るまで自然の力を最大限に引き出しながらのオーガニックな製品づくりを行っています。

筆者がオーガニック化粧品が好きなのは、お肌本来の力を高めてくれることとが一番ではあるんですが、

その他にも、

環境にやさしいこと、それから動物にもやさしいことがあります。

多くのオーガニックブランドがそうであるように、二―ルズヤードでも動物実験を行っていません。

参照:https://www.nealsyard.co.jp/ingredient/

ニールズヤードのフランキンセンスナリシングクリーム

で、クリーム。

このブログで何回も乾燥について書いてるんですけど、わたしはかなりの乾燥肌です。

乾燥がひどくて、お肌に水分がほとんどない状態だから、お肌が必死に自分を守ろうと油分で調節しているパターンw だからか、若い頃はよくニキビができてました。

今はもう30代も後半なのでほとんどできないですが、数年前までひどいニキビに悩まされてました。ニキビについてもそのうち書きますね。

乾燥肌ってことはわかっているので、一生懸命保湿しているつもりですが、それでもやっぱり乾燥する。

このままいけば、数年後にはお肌は今よりももっとひどいことになる・・・!という危機感の下、スキンケアを改めようと心に決めた矢先。

このクリームに出会いました。二―ルズヤードのフランキンセンスナリシングクリーム。

ちょっと硬め、でも滑らかなテクスチャーのクリームで、お肌にすっと馴染むところがポイント。油分のバランスがちょうどよいので、つけた瞬間もオイリーな感じはしません。

でも、このクリームは違う・・・!と感動するのは翌日。

お肌がふんわり、しっとりとしてしっかりと保湿してくれているので、化粧ノリが明らかに違う・・・! 

しっかりと保湿してくれるだけでなく、次の日の化粧ノリまで変化があるってなんて素晴らしいの・・・!

化粧のノリでその日の気分で決まると言っても過言ではないですからね。

ドイツのオーガニック製品と比べると少し割高な印象が否めませんが、それでも個人的にはこのクリームの持つ保湿力はお金を多めに払っても、すがりつきたい・・・!

また保湿クリームにも3種類くらいあり、夜用に特化したナイトクリームもあるようなので、いろいろと試してみてくださいね!個人的には本日ご紹介したクリームが好きです。

投稿日:2017/02/08

ピックアップ記事

  1. 20代から30代になって変わった10のこと
  2. 海外からでも漫画が読める!オススメ漫画サイト3選
  3. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  4. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 

関連記事

  1. Beauty

    ドイツ乾燥問題。良い保湿シートパック発見しました。 

    このパック、すごくよかったです。https…

  2. Beauty

    日本でも買える!ドイツのオーガニックコスメのオススメは? 

    ドイツのオーガニックコスメ、人気ですよね。筆者もドイツに来てからという…

  3. Beauty

    【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 

    ドイツのオーガニックコスメが最近気になる!という方やドイツに住んでいて…

  4. Beauty

    ドイツの冬の乾燥を乗り切る!顔をきちんと保湿するには?

    前回からの続きで、ドイツの乾燥対策シリーズについて書きたいと思います。…

  5. Beauty

    ベルリンで顔面に鍼を打つ。効果のほどは?

    お隣のフランス、それから日本とは違い、美容に対する意識が極端に低いドイ…

  6. Beauty

    【ドイツ生活】乾燥でひどいかゆみが出た場合の対処法

    今回はドイツですでに生活している方向けです。すでに何回かドイツ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP