美容

30代女子の悩み。パンダ目に悩まされてます。

30代も半ばになり、身体もいろいろと変化していると感じる昨今。

今回のタイトルは「30代女子の悩み。パンダ目に悩まされてます」

これはわたしの悩みです。悩みまでは行かなくても同じように思ってる人がいるかなぁと思ってこの記事を書いてます。

30代女子の悩み

ここ最近アイラインを引いてもまぶたのところで滲むし、

マスカラが目の下について真っ黒になることも多かったんです。

30代女子のパンダ 目は悲壮感が漂って、つらい、、、

ウオータープルーフのマスカラにしたり、目の下の油脂をティッシュオフしたり、

いろいろ試したんですが、なかなかうまくいかない。

でも最近一手間でパンダ目にさよならできました。

パンダ 目にさよなら

最近、こういう本を読んだんです。

[amazonjs asin=”4062173131″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”美人に見える「空気」のつくり方 きれいの秘訣81″]

当然のことながら、歳を経るごとにその新しさは失われていくが、代わりに生まれてくるものがある。それは、表情、つまり「生き様」という絶対的な美しさだ。

などのように、生き方(生き様という言葉は好きではない)を含めた女性の美しさについても書いてあるんですが、

「メイク下手こそ、「テクニック内蔵」のブラシ」と本書で書いてあるように、「化粧はブラシを使うときれいに仕上がる」とか実用的なことも結構書いてあります。

この本の中で印象に残った個所は何個もあるのですが、今回のブログのテーマで行くと、マスカラ。

とあるメイクアップアーティストさんがモデルにマスカラを塗ってその後指でまつ毛をくっと持ち上げてホールドしたところ、

まつ毛がくるんと上向きになったんですって。これはビューラーいらず。

個人的にはビューラーはまつ毛が抜けるので10年くらい使ってないのですが、おそらく下向きのまつ毛がパンダ目を作っていたのではないかと推測。

さっそくやってみました。

指が汚れるのがいやなので、ティッシュを指に挟み、くっとまつ毛を持ち上げるようにホールド。

するとまつ毛がくるん!

まつ毛はあまりごってりしたくない派なので、余分なマスカラもティッシュでふき取ると、夕方になっても目の下がパンダ目にならなくなりました。

パンダ目の原因は、皮脂と下向きまつ毛だったのね・・・

アイライナーのにじみで悩んでいる人へ

ちなみにわたし、アイライナーのにじみも気になってました。

ずっとBobby brown のクリームリキッドタイプのライナーを使っていたのですが、最近滲むようになりまして。

滲まないライナーを探していたところ、コレ。

NXYというプラチナブランドのリキッドライナー。

つけた瞬間こそにじみやすいけれど、一瞬で乾くので、その後滲み知らず。

くっきりはっきり漆黒のラインが完成します。

ドイツではDMで買えますので、滲みが気になっている人はぜひ!

 

ピックアップ記事

  1. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  2. 【読書】究極のひまつぶしはアレ!?「江戸の性生活」 

関連記事

  1. 美容

    ドイツの冬の乾燥対策!【ボディの保湿編】痒みが出た場合は?

    ドイツの乾燥を乗り切るシリーズも3回目です。こちらも読んでね!…

  2. 美容

    冬間近!ドイツ在住30代女性のドイツの乾燥対策【顔用保湿クリーム編】

    ドイツの冬が初めての方も初めてではない方もこんにちは。もうすぐ冬が…

  3. 美容

    ドイツの乾燥で唇がバリバリに・・・オススメリップ3選 

    日本と比べてドイツって本当に乾燥しますよね。ドイツだけじゃない?…

  4. 美容

    【ドイツ在住者向け】乾燥を乗り切るための対策まとめ

    ヨーロッパで暮らす日本人にとって冬の乾燥はつらいものがありますよね。筆…

  5. Beauty

    ノエビアの泥パックを使ってみた!

    更新日:2017/02/08日本女子たちからいろいろと刺激を受け、…

  6. 美容

    【ドイツ生活】乾燥でひどいかゆみが出た場合の対処法

    今回はドイツですでに生活している方向けです。すでに何回かドイツの冬…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP