Berlin

【海外生活】旅行の仕方がかわってきた

私、もうすぐ誕生日です。

ボーイフレンドが誕生日の計画をあれこれ立ててくれていて、本当は当日まで秘密にしたかったらしいのだけれど(去年は当日まで秘密だった!)、今年はフライトを取りたいらしく、私への問い合わせがてら、早めに通知してくれました。

私の誕生日が土曜なので、金曜の夜から日曜にかけて二泊での旅行の計画。いろいろと計画を立てて頂いて、本当にありがたい。

でも彼曰く、「誕生日のプレゼントはすべて出したい気持ちはあるんだけど、予算があるから、その中で二人で納得できるホテルとプランを立てよう」とのこと。

私がもっと若ければ、えっ?と思わず引いてしまっていたかもしれない申し出でした。いや、むしろ日本に住んでてずっと堅実に働いている人だったら、経済力もあるだろうし、そもそもこういうことは言わないのかもしれませんね。でもここはベルリンなので 笑。

全部払ってくれる男性を羨ましい~と思ってもしょうがないし、わたしたちにとってはこれが現実なので、そもそもいろいろと計画を立てて祝ってくれようとする気持ちが嬉しいので、予算内で二人でいろいろと計画を立て始めました。 

フライト代はEazyJetで抑えるとして、問題はホテルとそれから食事。これをどう抑えられるかで、旅費はだいぶ変わってくる。

でもねぇ、もう場末のホテルなんか泊まりたくないし、おいしくない食事もしたくない。若い頃はホテル代も食事代もどれだけでもケチれたのに、もうできない。Airbnbもたまにはいいけれど、毎回民泊だとあまり良い気分にはなれない。

民泊はその土地の人と仲良くなれて、その土地のことを身近に感じられることがメリットとして挙げられるし、私も大好きなのですが、一方で良いホテルの一流のサービスを受ける時の心構えやマナーを身に着けることはできないとも感じます。そういうのがすでに身についている方であればよいのですが(もしくはそういうものを一生身につけなくてもいいと思っている場合も)、もう年をいい具合に重ねてきたし、そういうものも身に着けていきたいな、とも考えるわけです。

こういうところが20代の時とは明らかに変わってきたところだと思う。旅行の数を減らしても、とにかく質を上げたい、と考えてしまいます。旅行の質は、ホテルやレストランではない、とバックパッカー時代のわたしが申しておりますが、もちろんそれには100%同意ですが、もう貧乏な旅行はしたくないと思ってしまいます。

これは本当にステージが変わった、としか言いようがない。それを見ないふりして今までの旅行を続けることにも無理がある。

こうやって人は大人の階段を上っていくのですね・・・

ピックアップ記事

  1. 海外からでも漫画が読める!オススメ漫画サイト3選
  2. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  3. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  4. 20代から30代になって変わった10のこと

関連記事

  1. Berlin

    【ベルリン生活】ドイツの冬鬱を乗り切る7選

    これを書いているのは2018年の11月18日ですが、小雨、曇り空、灰色…

  2. Berlin

    【ベルリン生活】かわいいインテリアショップを見つけたよ!

    ほとんど自分の記録用なのですが、ベルリンでかわいいインテリアショッ…

  3. Berlin

    【ベルリン生活】ドイツで見る2回目のワールドカップ 

    どうも皆さま、素敵な週末をお過ごしでしたでしょうか?こちらは本日はアイ…

  4. Berlin

    動物を飼う時は子どもであっても責任感を。

    こんな記事を読みました。「親は子どもにぬいぐるみを…

  5. Berlin

    【海外移住】ベルリンに来て変わったこと12選 

    気が付けばベルリン生活ももはやまるっと5年(2013年にベルリンに引っ…

  6. Berlin

    久々の更新・・・ベルリンでの最近

    気が付けば、また2か月ほど更新してなかった。この2か月いろいろと思うこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP