海外で働くのも楽じゃないよ…海外就職と就労ビザのこと@ベルリン 

本日は少し本から離れ、日常生活を。

ブログを始めたばかりでほとんど読んでいる人はいないと思うが、ちょこちょこ自分のことも書いていこうと思おう。

現在わたくしは30代半ば、ベルリンで会社員をやっている。いわゆる海外就職、というやつだ。ベルリンに来た時は、「どうしてもドイツで就職したい!」という熱い思いがあったわけではなく、ふら~っと旅行に来たベルリンを気に入り、そのまま定住して、7月の頭でベルリン生活もまる5年になった。

東京に住んでいたのが4年間だから、それよりも長いということに自分でも驚きを隠せない。よく海外就職やビザのことを聞かれるので、参考までに書いておく。

ドイツの就労ビザは取りやすい?

まず、上記の質問に答えるならば、答えはイエス。私は若者の特権・ワーキングホリデービザを使ってドイツに来た(正確には旅行者として来独、後ワーホリ取得)。数か月遊び惚けた後、金銭苦になり、重い腰を上げて就職活動を開始。

つかったのはこちらのサイト Indeed  と、日本人の書き込みが多い MixB

どちらも同じくらい頻繁に見てはいたが、最終的にIndeedから採用されることが多かったような気がする。最初はワーホリビザを持っていたから、即採用、即就業。

半年の使用期間が過ぎた後くらいにワーホリ→就労ビザの流れで更新。私が最初のビザを取ったのはもう5年も前だけれども、契約期間=就労ビザの期間、と見てよいと思う。

就労ビザ切り替えについて

ワーホリ→就労ビザの切り替えはたいして難しいこともなく、たいていの人がスムーズにいくと思う。私は2014年2月に就労ビザに切り替え、2017年に5月に職の制限なしのビザになった。つまり今働いている会社を辞めても、ビザの更新をすることなく、別の会社で働いてもいいし、なんならフリーランスに転身してもいい。とてもラッキーな就労ビザに切り替えてくれた。

このビザが取れるまでにかかった時間は3年。ベルリンのことだから、条件が決まっているわけではなく、審査官の匙加減なのだろうか…。こういった情報を探している人のために、参考までに。

海外就職=0からのスタート

海外就職するにあたって、スキルについてよく聞かれるが、私は特に何かスキルがあるわけでもない。正直、運がいいだけ!でも、それじゃあアドバイスにならないので、あえてアドバイスをするとしたら、やはりそれは…英語でしょう。

ベルリンは最近スタートアップ企業も増えているし、スタートアップ企業を狙うのであれば、ドイツ語ができなくても英語ができれば就職することは可能だ(スタートアップ企業の良し悪しは一旦おいておこう)

もちろん、コンテントマネージャー、マーケティング、エンジニア、そういう経験とスキルがあるに越したことはない。しかし、私のような特別何かスキルがあるわけでもない人間だって、ドイツの首都で5年間なんとか仕事には就けるものだ(笑)。

ただのOLだった、とか特別なスキルがあるわけでもなく、それでも海外就職したい人へのもう一つのアドバイス。それは、海外で就職する場合、日本で培った経験は一旦0になると思っていいと思う。日本で良い大学を出ていることも、こちらの企業では何の役にも立たない。私だって最初にやった仕事はカスタマーサービス。ほとんど腐りながらやっていたけれど、今になって考えてみれば、この経験は次のステップに繋がる踏み台になってくれたと思う。

ドイツに来て最初に見つけた仕事、もしかしたら「私はこんなことがしたくてドイツに来たわけではない!」と思うこともあるかもしれない。いや、絶対にある!笑

でも、その経験のおかげで、次の仕事が見つかりやすくなるかもしれないし、その仕事はもっといい仕事かもしれない。私の大好きな格言で“A door shuts, another door opens(ドアが閉まると、もう一つのドアが開く)” という言葉がある。

ベルリン、海外での生活は目の前のドアが閉まった!という絶望感にさいなまれるときもたくさんあるけれど、いつの間にか違うドアが開いてる、ってこともたくさんある。じゃないと、ここでは生きていけない(苦笑)。

この言葉は今日のわたしに言いたくて書いた感がある…。何が言いたいかって、働くって大変ってこと。そんな時はとにかくこれ以上悪いことが起こってほしくないから、不幸の連鎖を断ち切るために、「引き寄せの法則」関係の本を読むことにしている。引き寄せの法則って、ノートに願い事や欲しいものを書けば、その願いごとを引き寄せられるという法則ではなくて、自分の潜在意識が感じていること、願っていることを目の前に引き寄せていくという法則(と理解している)。

なので、悪いことばかりを考えていたり、不安に心を侵略されていると、それが現実化されていくと言われている。

いやだー、そんなの!と思う人はぜひ読んで自分が望む現実を引き寄せていきましょう。や、私もまだ実践中なんですけどね!

「引き寄せの法則」の火付け役的存在の“ザ・シークレット”。翻訳なので、普段本を読まない人には少し読みにくいと感じるかも。

 

かなりわかりやすく書いてあるので、普段本を読まない人にもおすすめ。筆者の奥平さん自身が、「引き寄せいの法則」を体現する人。引き寄せの法則を知ってから、マインドを変えることで、一会社員から本を出版するまでに。