Daily

【フランス生活】移民のためのレクチャーを受けてみて

Last Updated on 2020年7月25日 by Jo

こんにちは!細々と続けているブログですが、お立ち寄り頂きありがとうございます☺

コロナ禍で家にいることが多く、時間にも余裕があるので、日記的なものも含め、もっと頻繁にブログをアップしてきたいな、と思ってます(思っては・・・います!)

今はYoutubeブームでブログなんて古い!という感じかもしれないけれど、2012年からずっとブログを書いているので(女子ウリブログとは別のブログでしたが)、今後もできるだけ続けていきたいです。

というわけで本日は日記的な投稿です。ちょっといつもより自由に書いてみました。

移民のためのレクチャーを受けてみて

【フランス移住】OFIIでの面接を終えました!でも書いたのですが、フランスでは三か月以上の長期滞在となると、OFII(イミグレ)で面談があります。この面談では今後のフランス生活の展望やフランス生活での不安などをカウンセリングすることを目的とし、フランス語ができない人には無料でフランス語のレクチャーを受講させてくれる手続きを取ってくれます。

また、フランス語のレクチャーとは別に、フランスという国の歴史や国是、システムについて学ぶ機会も与えられます。

わたしも先日ルーアン(パリから電車で2時間、かのジャンヌダルクが火刑に処されたことで有名な都市)で移民のための講習に参加してきました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by J/O (@joshiuri_com) on

講習は二日に渡って行われる予定で、現時点ではまだ一日目しか受けていないのですが、初回はフランス共和国の人口や面積、どういった県があるか、フランスの成り立ち、国是、教育方針などの基本的なことから、Sécurité Social と呼ばれる健康保険の仕組み、仕事や家探しについてレクチャーを受けました。

同じヨーロッパの国であるドイツに7年住んでいたとは言え、健康保険の仕組みなどについてはフランスとドイツは結構違うので、こういったレクチャーがあることは移民にとって大きなヘルプになると感じました。

仕事探しについてもエージェンシーのリンクを教えてくれたり、もし家賃が払えないなどの状態になった場合の支援団体の連絡先、何かあった場合の警察や消防車の番号なども細かく教えてもらえました。

その国の言葉が話せないことはもちろんのこと、その国のシステム(例えば子供の学校の手続きや失業した場合の手続きだとか)がわかっていないというのは実はなかなか大変なことで、長く住めば長く住むほど地味に堪えます。こういう風にフランス初心者講習があるのはとても有益なことだと感じます(フランスは移民関係で痛い目を見ているという歴史があるとは思いますが…)

移民のためのレクチャーで印象に残ったこと

どれも役立つ情報だったのですが、印象に残ったことは講師が数回「Laïcité」について説明したことです。

フランスは「自由 (Liberté)、平等 (Égalité)、友愛 (Fraternité)」を国是としており、それはフランス国旗にも表されているので、フランス国外にお住まいの方でもご存知の方は多いかもしれません。また、フランス共和国憲法第1条にはLaïcitéの記述があり、「ライシテはフランス共和国の基本原則の一つ」であるのだそうです。

Laïcitéとは直訳すれば「非宗教性」で、今回の講習の中では政治と教育に関してLaïcitéが使われていました。つまりフランス共和国は「政教分離と教育の非宗教化を重んじる国である」ということを移民であるわたしたちに強調したのでした。

もちろん日本でも「政教分離」は憲法にて定められており(憲法20条1項、3項)、特別驚くべきことでもなんでもないことのように思いますが、それでもわたしにはとても新鮮に感じました。便器を素手で洗えば心がきれいになると吹聴する教育者や市長とか(何を意味するかわかってもらえるでしょうか・・・)、日本古来の伝統的な家族観とか政治家の靖国神社参拝だとか、日々当然のことのようにニュースで流れてくる国に育ったわたしとしては、頬を引っぱたかれたような気したのでした。

もちろんフランスの現場の教育機関ですべての教育者がライシテを完璧に守って教育に携わっているとはわたしも思っていません。それでもライシテに関して、フランスは絶え間のない努力をしていることが伺えました(事実フランスのライシテに関して調べてみると、面白い記事がたくさんあり、またWikipediaでも十分勉強になります)。そして不断の努力をしない限り、政教分離とは達成できないものなのだとも痛感しました(現大統領のマクロンもライシテを守っているとは言い難く、左派からは非難されている)

くしくも先日トルコのエルドガン大統領が急速なイスラム化を進め、トルコ建国以来の政教分離が終焉を迎えようとしている、危機的な状況だとニュースで見たばかり。いろいろ思うところがありますね…

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ

ピックアップ記事

  1. フランスから日本の回線へアクセス!VPNプロバイダーを比べてみました! 
  2. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ
  3. 海外からでも漫画が読める!オススメ漫画サイト4選
  4. 引きこもりの冬に!海外からも読めるKindle Unlimited オススメ

関連記事

  1. Daily

    頑張りたくない2020だった

    気が付けばもう12月も半ば!早いですねぇ。毎年あっという間に過ぎていき…

  2. Daily

    フランスのロックダウンについて

    ブログを書くのが相当お久しぶりになってしまいました!皆さん、お元気でし…

  3. Daily

    【30代女性視点】年を重ねるごとに好きな男性のタイプって変わるよね、という話  

    昨日まじめにブログを書いてみたのだけれど、(住む家は大切だ、しかし固執…

  4. Daily

    北欧家具が好きならココもチェック!デンマーク発Bolia.com

    北欧家具、日本でもとっても人気ですね!わたしはあまり北欧家具やデザイン…

  5. Daily

    【日記】自分の空間を持てる幸せ 

    今回はただの日記です~。役立つ情報はないことを先に断っておきますね。な…

  6. Daily

    決断が早い人は、運をつかむ。

    去年知り合った日本人の女の子がいるんです。その子はベルリンではなく、西…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP