Beauty

お肌のゴワゴワをなんとかしたい!改善するにはxxが有効。

こんにちは、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 日本に帰った時に気が付いてしまったのですが、わたし、お肌が相当ゴワゴワ!

エステに行った時に、「お肌の角質と汚れが結構貯まっているみたいですね~」なんて言われてしまいました。不覚!

エステに頻繁に通えるのであればよいですが、今回は自宅でできるお肌のゴワゴワ改善について紹介したいと思います。

Sponsored Link

なぜお肌がゴワゴワなるのか問題

これはね、エステシャンのお話によると、とにかく角質と汚れ。

もちろんわたしだって毎日きちんと洗顔してます。でも汚れってエキストラなお手入れしないとなかなか落ちないようです。

ましてや、ベルリンのお水は硬水、かつカルキが大量に入っていて、髪の毛がこれだけきしきしなるんですから、お肌だってかなりお水による汚れがあるはず。お肌の汚れをきちんと取り、古い角質を取り除くことが大切なんだそうです。

で、自宅でできることは何かと言えば、ピーリング!

スクラブ入りのピーリングでお肌の角質除去

個人的にはピーリングローションをたまに使っていたので、それで事足りてるかと思っていたのですが、エステティシャンによると、スクラブ入りの洗顔等でお肌をやさしく洗い、お肌の角質を除去、きちんとターンオーバーしてあげることが大切なんだそう。

わたしが使ったのは今回、こちら。サボンの3in 1 の泥パック。洗顔の後に、フェイシャルパックとして使えます。

死海由来の美容成分やスクラブ剤が水分補給・エイジングケア*、古い角質の除去による透明感とツヤをお肌に与えるフェイス用スクラブ兼マッドマスク。
とろりとしたテクスチャーで肌にしっかりと密着するため、集中的に美容成分を角質層に浸透させます。
また、死海の泥に含まれる粒子が不要な角質や汚れを吸着して取り除き、艶やかな透明感のあるお肌に導きます。

Sabon オンラインページより引用 https://www.sabon.co.jp/onlinestore

洗顔後タオルで軽く拭き取り、乾いたお肌に泥パックを乗せ、10分ほど放置して洗い流します。

泥にはたくさんのミネラルが入っていて、お肌に栄養も与えながら、角質や汚れも取り除いてくれるという秀逸な品。そのうえスクラブが入っているので、ピーリング効果もあり、洗い流した後にはお肌がすっきり、しっとり、もちもちっとするんです。

気になっていたお肌のゴワゴワが取れ、ふわっと柔らかくなることを実感できます。

また、年と共になくなる透明感にも対応!くすみが薄くなって、一段階明るいお肌のトーンに。お肌のくすみは疲れて見えますよね。くすんだお肌だと、年齢以上に年取って見えるので、できることならくすみのない人生を送りたいものです。

最後に

ドイツにいるとなかなかエステの敷居が高く、遠ざかってしまうので(というか美容なんてどうでもよくなる)、自宅でできる美容はコツコツと楽しみながらやっていきたいですね。

ピックアップ記事

  1. 20代から30代になって変わった10のこと
  2. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  3. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 
  4. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  5. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ

関連記事

  1. Beauty

    【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 

    ドイツのオーガニックコスメが最近気になる!という方やドイツに住んでいて…

  2. Beauty

    日本でも買える!ドイツのオーガニックコスメのオススメは? 

    ドイツのオーガニックコスメ、人気ですよね。筆者もドイツに来てからという…

  3. Beauty

    ドイツの冬の乾燥対策! 顔・ボディをきちんと保湿するには?

    ドイツの寒さって本当に身を切り裂くような寒さですよね。毎日毎日の曇り空…

  4. Beauty

    どうにか乾燥を防ぎたい!Neal’s YardのNourishing Creamがオスス…

    まだまだ乾燥の季節が続きますね。乾燥は本当に大敵。肌が突っ張るのもスト…

  5. Beauty

    ドイツの乾燥を乗り切る!保湿できる化粧水は? 

    ドイツに来たての頃、ドイツの化粧品関係があまりよくわからなかったので、…

  6. Beauty

    【オーバー30からの手荒れ対策】ハンドクリームのオススメ3選 

    オーバー30ともなると、手荒れって気になりますよね。特に冬は乾燥するの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP