海外就職

上司や環境、職場が変われば自分への評価も変わる 

どうも~。この一週間は非常に疲れてぐったりとしておりましたJoです。先週日本から帰ってきて時差ボケと戦いながら仕事していたってことが一番ですが、職場にも結構疲弊していた毎日でありました。

で、今日はちょっと日記っぽくなりますが、わたしの海外就職の経験をシェアします。わたしもネットでたまたま見たツイッターのつぶやきに救われた経験があるので、今どこかで職場のことで苦しんでいる人に届きますように!

Sponsored Link

環境、職場、上司が変われば、「自分の評価」は変わる

先日ホリデーから帰ってきたら、悪いフィードバックが届いてました。

内容は伏せますが、結構悪いフィードバックをもらってしまいました。まぁ納得できることも多々あったけど、会社のやり方にも不服を持っていたので「なんだかなぁ」とは思いました。でも何よりあぁ今の上司はわたしのことを全然評価していないんだなーと痛感しました。

たいして一緒に働いてないから、評価されるもなにもない、とは個人的には思ったんだけど、悪いフィードバックをもらったからには、それはそれで受け止めないといけないし。

今の会社で働き始めてほぼ2年になるのですが、最初の1年は立ち上がったばかりの小さなチームで上司と一緒に一生懸命仕事をやっていました。

その上司が大好きすぎて、この人のために一生懸命働きたい!って思いがすごく強かったことと、フリーランスの時に経済危機でお金に苦労した経験があって、「今クビになったら困る!」ということで、それはそれは一生懸命働きました。

チーム内の雰囲気も良く、何より楽しかったから、そこで働いていたんですが、もちろんその時はかなり評価も良かった。

実際にはたぶん当時の上司の「部下は誉めて伸ばす」という方針がかなりあったのは確かですが、

それでも人って褒められたらうれしいじゃないですか?またがんばろうって思うじゃないですか。かなり自分への自信にもなったし、本当にあの頃の経験とあの頃の上司には感謝してもしきれないです。

が。

上司が諸事情で会社をやめ、マネージャーが変わってしまったわけです(というより実質マネ不在、名ばかりのマネに属して、わたしがいろいろやってた)

いろいろありましたがその全部を端折って今回言いたいことだけ抜き出すと、

マネージャーが変わったあたりからかなり風向きがか変わり、あまり誉められることもなくなり、評価もされなくなってきた。ていうか、正直わたしのことは見てなかったと思う。

で、もともとあった会社への不信感も高まり、お給料を頂いている手前まだやることはやっているけれど、モチベーションも下がったところに前述のフィードバックが届いたわけです。

わたしのモチベーション問題もあるけれど、上司の采配で職場環境って本当に変わるし、上司が変わると求めるものも変わるので自分の評価もかなり変わるんだなぁ、とつくづく思いました。

環境が変われば評価は変わるので落ち込まないで!

海外だけではなく、日本でも「上司が変わると自分の評価も変わる」ってのはあるあるだと思うので、「あるあるだよなぁ・・・」と頭では理解しても、やっぱり「はぁ~なんだかなぁ~」とは感じてしまいますよね。

でもね、これって本当によくあることなんですよね。私の場合は上司だったけど、前の職場ではすごく優秀と評価されたいた人でも次の会社ではすごく評価が低かったり。

今の会社で伸び悩んでいる人、上司に叱責される人、仕事のことで悩んでいる人は、自分が悪いのではなくてただただ環境が悪いだけかもしれない。

環境や職場が変わることで、悩んでいたことが嘘のように解決することだって多々あるはずです。

それで鬱みたいになったり、自分を責めたりするのが一番よくない。

もちろんわたしにはダメなところがいっぱいあって、すべてを環境や上司のせいにするわけではないけれど、それでも「この環境はおかしい」と感じたら、その場を去るという決断も必要だと思います。

Sponsored Link

「他人の評価」=「自分の価値」ではない

自信を持って!

環境を変えればあなたの評価は変わるはず、ということと、もう一つ声を大にして伝えたいことがあります。

わたし、人の評価が異常に気になる時期がありました。ドイツに来てからのことですが、人から評価されると自分の自信につながるんですよね。

ドイツに来ていろんな経験をして自信を失っていて、自分じゃ回復のさせようがなかった時のことです。

でも人から褒められることは自己肯定にとても必要なことではありますが、人からの評価を自分の価値とイコールとしてしまうと、人から評価されなくなった時に悲惨な目に遭います。

人からの評価が気になりすぎて自分自身じゃいられなくなってしまいますし、他人から与えられた自信なんて嘘みたいにさっと無くなってしまいます。

何らかの事情で自分に自信がまったくない時は人からの評価をありがたく頂いて心の養分にする必要はありますが、それはあくまでただの養分であって、根幹ではない。

そこからは自分が自分をきちんと評価してあげることが必要なんじゃないかなーと思います。

わたしも今回のフィードバックでちょっとへこみましたが、わたしは一生懸命仕事をしてきたし、自分は自分をきちんと守ってあげる必要があるので、必要以上に落ち込まないことにしました。

自分を信じると書いて「自信」。

本当にその通りですよね。

ピックアップ記事

  1. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  2. 20代から30代になって変わった10のこと
  3. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 
  4. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 

関連記事

  1. 海外就職

    【ドイツ就職】ドイツ語なし?ベルリンでの就職は英語だけで大丈夫?

    勝手にベルリン就職シリーズをお届けしております。海外就職、もしくはどう…

  2. 海外就職

    電話不要論について考える。電話は悪なのか?ヨーロッパの場合  

    わたしは仕事で電話をかける機会が非常に多いのですが、電話に関する意識が…

  3. 海外就職

    【ドイツ生活】ドイツ人は残業しない問題

    本日はあまり時間がないので、さらりと。調べものをしてたら、ドイ…

  4. 海外就職

    日本とは結構違う?ドイツ企業の解雇事情 

    ドイツで会社員をしておりますUriです。この頃、クビ(解雇)がちら…

  5. 海外就職

    ベルリンの会社の好きなところ

    私はまだまだ研修中なので、定時にさっさと退社しますが、やることが溜まっ…

  6. 海外就職

    【海外就職】スカウトされちゃうかも。Linkedinを活用しよう! 

    今回はちょっと受け身(?)の就職活動について書きたいと思います。今回は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP