Daily

近況報告 

どうも~ご無沙汰してます!

ちょっと今日は日記的な投稿になるのですが、近況など書いておこうかな~と思います。

仕事のこと

前も書いたと思うのですが、5月半ばで無職になってしまいまして・・・今後は在宅でできる仕事をできるようにしたいなぁ、と考えています。

次章の「今後の私」でも書こうかと思うのですが、10月に日本への一時帰国と、11月にベルリンからの引っ越しを考えているので、正直ベルリンの就活活動って微妙。引っ越した先で就職する可能性もないわけではないのですが、なるべくなら在宅で仕事をできるようにしたいな~と思ってます。

自分の今のスキルでは海外での即戦力としての就職は難しいだろうな、とか、フルタイムでは働きたくないとかの理由もあるんですが、一番の理由は、そろそろ真剣に妊活したいなと考えていていることですかね。

妊娠→子育てとかを考えると、今から就職となるとかなりハードルが高い、と正直感じています。なので在宅で仕事ができるように今コツコツやってます☻

今後の私のこと

前章でも書いた通り、11月にはベルリンを出ていこうかな、と考えています。2016年くらいからかな、実はずっと考えていて。

考えてはいたんですが、次はどうするってことがなかなか形になって来ず、この数年住む場所については結構モヤモヤする感じでした。ベルリンは街としては好きだけど、自分のこの先のビジョンをあまりベルリンで描けないということが大きいかな、と思います。

今後の自分がどうなっていきたいかということ、それから今後家族を持つ上で自分にとってベルリンは適切な場所なのかということが自分の中でポイントになってます。

「適切な場所」というのが誤解を招くといけないんですが、これは主に語学の問題です。前も書いたことがありますが、私、ドイツ語が本当に苦手なんですよ。

何回かチャレンジしたけれど、ドイツの難しさよりも結局「いつまでここにいるかわからないしなー」という気持ちが根底にあるので、なかなか伸びないんですよね。私のパートナーも私よりもドイツ語は理解できるけど、難しいこととなると全然わからない。

今後子どもを持ったり、長く住んでいくには私とパートナーの二人のうちいずれかが(もしくは両方とも)「言語の不安がない場所」で暮らしたいというのが今の率直な気持ちです。

逆説的な話になりますが、もしベルリンに今後も長く住みたいのであればドイツ語も頑張ると思うのですが、正直もう今はそんな風には思えないので・・・

もちろん今までいろんな機会をくれたベルリンやドイツには心の底から感謝しています!

どこに住むかはもう決まっているので、もう少ししたらまたブログにも書いて行く予定です!

今後のブログのこと

今まではブログはベルリンや海外就職のことを主に書いて来たんですが、今後は新しく住む国や今やってる在宅のお仕事のことなんかについて書いて行くことになるかな、と思っています。

この方向転換っていうのがなかなか難しく、どこから手をつけていいのかまったくわからずにしばらくぶりのブログになってしまいました。ある程度の方向性は決まったので、今後はちょこちょこアップデートできたらいいなと思ってます!

このブログは方向性を変えながらも続けていくので、今後も見て頂けると嬉しく思います。

ピックアップ記事

  1. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  2. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  3. 20代から30代になって変わった10のこと
  4. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 

関連記事

  1. Daily

    週末だけは好きなことをする!

    新しい仕事が始まってから初めての週末です!嬉しい~。そういえば…

  2. Daily

    発想の転換は人生を救う。

    しまった・・・去年あんなにやる気だったブログ、日本に帰ってきてから忙し…

  3. Daily

    【日記】自分の空間を持てる幸せ 

    今回はただの日記です~。役立つ情報はないことを先に断っておきますね。な…

  4. Daily

    【言語学習】「好き」はもっとも大事な感覚だと思う。 

    前回のブログ投稿でも書いたのですが、今年の目標の一つとして「フランス語…

  5. Daily

    【ベルリン】日々の食生活を振り返る

    数日前に意気込んでToshlの洗脳本を読んだせいで、正直ちょっとダーク…

  6. Daily

    女子ウリブログ、再開しました!

    ぎゃーっ。1年間も放置してましたっ。1年って…というのも、なぜ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP