週末作家

新しい仕事が始まってから初めての週末です!嬉しい~。

そういえば日本で会社員をしてた頃は、週末に命を懸けて遊んでたな、懐かしい。

 

金曜にオールで遊べば、「土日がすごく長い!」ってことを発見して、毎週金曜は朝まで遊んでました。今金曜にオールなんてしようものなら、土曜をまるっと寝て過ごすことになるので、絶対にやりませんが…

 

私には週末にやることがたくさんあるのに!

飲んだくれたいし、パーティーしたいし、デートしたいし、映画見たいし、買い物したいし、旅行にも行きたい!

やりたいことだらけ。週末しかお休みがないのだから、まぁ当たり前ですよね。

 

でも、その欲望をすべて超えてやりたいことが、「書くこと」。週末は普段やれない「書くこと」に集中したいんです。

 

「やりたいこと」って言ったら、正直ちょっと違うのかもしれない。「やりたい」よりも「やらなきゃ!」という気持ちに近い気もします。

正直に言って、書くことは苦しいことも多く、こういう風に言うと「かわいそう」みたいな表情をされるので、非常に複雑ではあるのですが、どれだけ好きな仕事でも別に楽しいことだけじゃないじゃないですか?

好きだから続けることができるってだけで。

 

私は2016年からライター業務で生計を立てていましたが、4月から集中的に就職活動をして、この5月から働き始めました。

今はまとまった収入が欲しいから就職をしたわけですが、書くことを諦めたわけでは決してないので、土日にどれだけ“作家”になれるかが勝負なのです。

元々のプランとしては平日に少しでも仕事をしよう!と思っていたのですが、平日は帰ってきてご飯を食べていたらすぐに9時とかになってしまうので、平日は読書をしたり映画を見たり、インプットの時間に充てることにしました。

 

週末作家になれなければ、一生何にもなれずに終わってしまうので、楽しいことを少しの間我慢しても、今は夢中で書きます!

 


Message