Travel

ドイツの航空券比較サイトってどれ使ってる?おすすめは?

ベルリンでは大雪ですね!ドイツほどではないですが、日本も寒いです。こんな時は、夏のバケーションはどこに行こうかな~なんて考えてうきうきして、現実逃避するのが一番 w

旅行は計画的に!がドイツ流

ドイツ人ってとにかく旅行が好き。ちょっとステレオタイプじゃない?と言いたくもなりますが、本当に彼らは旅行が好きです。ドイツに来てびっくりしたのが、旅行の計画を立てるのがとにかく早い!1年前くらいから、ここに行きたいな~と漠然と考え始め、その旅行の半年前にはすでにチケットを抑えているという早業。

私なんて日本にいるときはいつもギリギリにチケット取ってたけど、今はドイツ人たちに感化されて3、4か月前になりました。確かにギリギリで取ってもチケット代は跳ね上がっていることが多いので、こちらが損をするだけです。

ドイツは日本と違って有給がほとんど希望通りに取れるし、その後のスケジュール変更がないため、半年くらい前には余裕でチケットが取れるんですね~。ギリギリまで有給が取れるかどうかわからない日本とは大違い…。

すべてドイツに学べとは思わないけれど、労働環境はドイツに学ぶところはとても多いですよね。

フライトの比較サイトのおすすめは?

正直、どこもそんなに大差がない、というのが印象。

日本でも使っている人が多いスカイスキャナー 

https://www.skyscanner.de/

言語:幅広く対応/日本語あり

標示通貨:幅広く対応/日本円表示あり

日本でも使っている方は多いのではないでしょうか。日本語があるのもメリット。

最近私も使っているMomondo

http://www.momondo.de/

言語:英語あり/日本語なし

標示通貨:ヨーロッパ・アメリカ等の通貨あり/ 日本円表示なし

かなりポップなデザインで写真も素敵で旅情を誘います。英語やドイツ語ができるのであれば問題なく、サイトを使いこなせるでしょう。

ドイツ人ご用達Fluege.de

http://www.fluege.de/

言語:ドイツ語のみ

標示通貨:ユーロのみ

かなりドメスティックなサイトに仕上がっているのがこちらのサイト。でもドイツ人で使っている人は多いみたい。

こちらのサイト経由で予約した人によれば、トラブルに巻き込まれた時は代替えのフライトを用意してくれるみたいですが、あまり融通は利かないようです。

航空券比較サイトの使い方

以前は航空券比較サイト経由でチケットを予約したこともあったのですが、トラブルに巻き込まれる率も非常に高いので、最近は比較サイトで比較して、航空会社、値段、時間、乗り継ぎなどを吟味してから、航空会社で直接予約するようにしています。

その方が断然トラブルに巻き込まれないし、トラブルに巻き込まれたとしても代替え案を提案してくれるスピードが速いからです。

いろんなトラブル事例はこちらをご参照ください。

http://joshiuri.com/2017/01/06/flight_troubles/

 

夏に何もしない二週間のホリデーを取るべく、上半期をがんばろうと決心した私。旅行は日々の活力ですな!

ピックアップ記事

  1. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  2. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 
  3. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  4. 20代から30代になって変わった10のこと

関連記事

  1. Travel

    ドイツの鉄道の予約はお早めに!DB活用のススメ

    ツイッターでも投稿したんですが、日本旅行を計画している間に不思議なこと…

  2. Travel

    アラサー以上の方にオススメするベルリンのホテルとエリア 

    最近ベルリンに移住したいという方や、旅行でベルリンにいらっしゃる方、増…

  3. Travel

    格安航空券を取る時は注意して!旅行の時の心得 

    先日日本に帰る時に、ベルリン→ブリュッセル、ブリュッセル→東京というチ…

  4. Travel

    コペンハーゲンでおしゃれなディナーをしたい方に!素敵なレストラン4選

    先週末から一泊二日で弾丸でデンマークのコペンハーゲンに行ってきました。…

  5. Travel

    美食を求めて!ノルマンディーを旅する

    現在筆者は 北フランスのノルマンディー地方に来ています。フラン…

  6. Travel

    コペンハーゲンのデザイン博物館に行くべき!

    だいぶ前のことになるのですが、デンマークはコペンハーゲンに行ってました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP