フランス

めちゃ使える!フランスで買えるレシピ本 

コロナ禍のロックダウンが終わったとは言え(書いているのは現在2020年の5月22日)、まだまだコロナ禍が完全終息したわけではなく、自宅にて自主隔離生活を続行されている方も多いのではないでしょうか?

人混みの中に行くのはまだまだしり込みしてしまいますよね・・・

そんな中ほとんどの方が家で食事をする機会が多くなったと思いますが、一日に3回も食事を作るってなかなか大変💦 わたしも料理自体は好きなのですが、毎日何作ろうかな~と頭を抱えています。

そんな時他人のレシピってめっちゃ役に立ちます。わたしは気軽にささっと調べられるインターネットのレシピが好きでよくにはよく助けてもらっているのですが、紙のレシピ本も大好きでよく買っています。

本日はお気に入りのレシピ本をご紹介します!

Juste une POÊLE

 

Juse une POÊLE とは、「フライパンのみ!」という意味のフランス語で、フライパン一つさえあれば作れる料理がテーマのようです。

わたしは数年前にフランスに遊びに来た時にこちらの商品を買ったのですが、この2年はこのレシピ本をヘビーユース! 典型的なフランス料理ではなく、たまにアジア料理とのフュージョンっぽい料理があったりします。

中身はこんな感じ。

cuisse de poulet (鶏もも肉)とアスパラガスのクリーム煮  ちょっとした料理のポイントが理解できて◎

タイム、レモン、ガーリックをすりつぶしたものをターキ-に挟み込み、ベーコンで巻いてオーブンで焼くだけ。付け合わせはミニキャベツで。

他にも、黒ビールの牛煮込み(牛肉の赤ワイン煮込みの黒ビールバージョン)や豚肉と洋ナシをビネガーで味付けしたものなどなど、魅力的なレシピがたくさん載ってます!

他にもレシピ本は何冊も持っていますが、結局このレシピ本を一番使いました。

今はまだレシピ本を自力でフランス語で読むのには苦労していますが、良いフランス語の勉強にもなるなーと思っています。

ちなみに鉄のフライパンは持っておらず、テフロン加工のフライパンでも問題なく調理可能です。でも鉄のフライパンも欲しいなーと現在検討中です。

紹介した本で使われているフライパンはこちらです。

ピックアップ記事

  1. 20代から30代になって変わった10のこと
  2. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ
  3. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」
  4. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  5. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 

関連記事

  1. フランス

    フランスでの婚姻の手続きについて

    新型コロナウイルスが猛威を振るう中、今年の予定ががらりと変わってしまっ…

  2. フランス

    フランス語初心者(A1)で使えるアプリ4選 

    まだまだ新型コロナウイルスの猛威が治まらない昨今ですが、皆さまいかがお…

  3. フランス

    ドイツからフランスへ!フランス長期ビザを取得する

    前回フランスで婚姻届を出すプロセスについて書きましたが、今回はフランス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP