フランス語

フランス語学習の覚書 二か月目 

はやいもので5月ももう半ば・・・ベルリンからフランスに引っ越してきて早2か月が経ちました。

とは言え、この二か月間はコロナのおかげで隔離生活をしていたので、どこにも行けず、家も決まらず、新しい生活がスタートした、という気がまったくしません。フランスでは二日前にロックダウンが緩和され、近くに住む義妹夫妻を訪ねた時にやっと「あー今後こういう交流が日常となるんだ、わたしたちフランスに引っ越して来たんだなぁ」と実感し始めた感じです。

早く落ち着ける新居を探さなくては・・・気持ちだけが焦りますね!

さて、今回も語学についてです。3月半ばからフランス語の学習を始め、せっかくなのでこれから1年は一か月ごとに語学のアップデートをしていきたいと思います。

フランス語力ゼロ ⇒ 一か月後の結果

1か月目のアップデートでも書きましたが、フランス語を勉強し始めて1か月のわたしはだいたいこんな感じです。

・自己紹介はできる
・超簡単な会話ができる
・ニュースや人の会話からわかる単語が出てきた
・簡単な日記は書ける

1か月目は0からのスタートだったので、フランス語が伸びている気しかしませんでしたが、今2か月を過ぎて、あまり伸びている気がしません・・・。 スペイン語を勉強した時は、年齢ももっと若かったし学校にみっちり通っていたということもあるけれど、初めの半年でぐんと伸びた記憶があるのでちょっと焦り始めてきました💦

あまり伸びてない問題点は以下かなぁ、と考えています。

・圧倒的に学習時間が足りない (反省しかない・・・)

・ロックダウン中で人に会わない・人と話さない → フランス語はおろか、そもそも話す機会がほぼない

・ロックダウン中で配偶者が家におり、出かける時は2人一緒なので言葉はネイティブの配偶者が担当しがち

・話す人と言えば配偶者やその家族。彼らはネイティブフレンチスピーカーであり、話す内容がA1レベルではカバーできない

・文法は組み立てられているが、発音が難しくフランス語を話してみてもなかなか理解してもらえない

ざっとこんな感じかと。フランス語思った以上に発音に苦戦してます・・・

2か月目の勉強法

2か月目はどんな勉強をしていたかと言うと、

オンラインレッスン

1か月目はほぼ独学でしたが、4月22日からIboux を使ってオンラインレッスンを始め、2か月目の学習はオンラインレッスンと宿題がメインでした。良い感じの先生に出会い、楽しく勉強できてハッピーです。主に文法の基礎知識、発音についても指導してもらってます。

今は週3、1時間だけを履修していますが、上達レベルはなかなかスローペースだとは感じています。とは言え、コロナ禍において人と話す機会がないこの時期にオンラインを通じて話す機会があるのはとてもありがたいことではあります。

・語彙力強化

オンラインレッスンで習った単語やアプリで出て来た単語をノートにまとめたり、単語帳を作ったりしつつ、とにかく「書いて覚える」を意識しています。が、フランス語はスペルと読みがまったく違うので(規則はある)、わたしは現在読めても「発音できない・聞き取れない」問題にぶつかっております・・・何度も何度も書いて、「声に出す」ことの重要性を感じてます。

・日常会話の一部をフランス語に切替え

今は配偶者とは英語で話していますが、簡単な質問や会話はフランス語に切り替えています。「絶対に英語で話さない!」とした方が上達は早いのでしょうが、今のところそうしてしまうとほとんど話せないし、会話が無くなってしまうので。。。いつかはフランス語オンリーに切り替えたいですね。

・映画やアニメのフランス語字幕

ロックダウン中で時間だけはしっかりあり、映画を見る機会が増えたので、なるべくフランス語の字幕を付けて鑑賞するようにしています。ほとんどは早すぎて字幕を追えないレベルではありましたが、たまに知っている単語や言い回しを見つけて「おぉ!」となる瞬間がありました 笑 ちょっとは上達した証・・・!

他の言語を学習した経験上、もう少しフランス語の理解が進むと、「へー、こんな言い回しをするのか!」とわかってくるはず。

英語やスペイン語を勉強していた時は一度目は普通に見て、2度目は映画をちょくちょく止めてセリフを書き留めて後で意味を調べたりしていましたが、さてフランス語はそこまでする余裕があるのか・・・

「フランス映画をフランス語字幕付きで見る」は、まだまだハードルが高すぎるのでやってませんが、もう少し理解力が進んだらこれもチャレンジしようと思ってます。

 

この1か月はロックダウン疲れもあり、正直あまりフランス語のやる気がなかったので、なるべく無理をせず続けられる形を取りました(Duolingもさぼっちゃったー!)。でも明らかに上達してないので、3か月目はまたいろいろ変えていかないとなー、と思ってます。

フランス語学習3か月目にやろうと思っていること

語学をカテゴリー化すると主に以下のようになると思うのですが、

・基礎文法マスター

・語彙力(イディオム)

・リスニング

・スピーキング

・ライティング

・リーディング

今後はもっと上記のカテゴリーを意識しながら勉強を進めていきたいと考えています。今回書いた学習方法(オンラインレッスン、映画鑑賞等々)ではリスニングとスピーキング、語彙力はどうにかなるかもしれないけれど、ライティングとリーディングが弱いままなのではないかと危惧しています。

語学の目標をどこに設定するか、で個人によって変わっては来ると思いますが、個人的にはフランス語で仕事をするにあたりライティングができないと致命的だし、リーディングができないとニュースも本も読めず現地情報や文化がつかめず、結局自分はフランスに馴染めないのではないか、と感じてます。結局そういうところがベルリンでの生活のネックになっていたことを重々理解しているので、今度こそじっくりと向き合っていきたいです。

なので今後としては、

・基礎文法マスター (オンラインで先生から習う)

・リスニング (オンライン、映画、TV、Audible、家族など)

・スピーキング (コロナ禍でしばらく新しい友達もできそうにないので、家族を中心に)

以上のことをこなしながら、以下を強化したいと計画しています。

・語彙力(アプリなどを使用。毎日最低でも15個・1時間程度)

・ライティング (エッセイ・日記を2日に一回 → 配偶者およびオンラインレッスンの先生に訂正してもらう)

・リーディング (ニュースや小説などをリーディング教材に使い、2日に一回)

 

1日2時間はフランス語の学習時間を取り、1時間新しい単語学習、もう一時間はライティングかリーディングのどちらか、をやっていこうと思ってます。

 

果たして計画倒れになれないでまじめにやれるのか!?

6月のアップデートを自分でも楽しみにしてますw

ピックアップ記事

  1. ベルリン生活6年を振り返る。ワーホリから就労ビザ取得、1年目 
  2. とってもエコ!全力で勧める蜜蝋ラップ
  3. 【ドイツオーガニックコスメ】Weledaファンが語る拭き取り化粧水 
  4. 20代から30代になって変わった10のこと
  5. パートナーとの関係に困ったら読むべき本「大切にされる女になれる本」

関連記事

  1. フランス語

    フランス語学習の覚書 一か月目 

    皆さん、コロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか?フランスは最低…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP